ネットでつくろう、オリジナルTシャツのつくりかた

admin / 2017年8月28日

まずデザインを考える

自由にイメージし、オリジナルのデザインを考えましょう。

この際に気をつけておくべきは、著作権の問題、本当に着られるのか、の2種類です。有名人の写真、有名ブランドのロゴ、アニメのキャラクターなどは控えましょう。場合によっては制作してもらえないところもあります。それからネタ用のデザインであったり、名言の並んだデザインだったりするのも、よく考える必要があります。自分がそれを着て街を歩けるのか、具体的に想像してみることが大事でしょう。

シャツの種類を決める

通常の半袖Tシャツからポロシャツ、ロングTシャツ、メッシュTシャツまで種類は様々です。色もしっかり考え、用途に合わせて選びましょう。またシャツの種類によっては値段も大きく変わりますし、刺繍加工や胸元プリントに対応できない場合もあったりするので注意が必要です。

ネットで注文し、待つ

有名ブランドから個人経営まで、ネットでは注文先だって選びたい放題です。

価格としては、シンプルな半袖Tシャツの片面プリントならば、およそ2000円~3500円前後が相場となっています。ネットで検索し、口コミや評価を見て比較するのも手です。

そうして注文が完了したら1週間ほど待ちましょう。間違ってもここで新しいTシャツを購入して、オリジナルTシャツなんて注文したことを後悔してはいけません。

届いたら、堂々と着る

着る際は堂々として着ましょう。ネタTシャツならば、なおさら堂々として着ましょう。恥ずかしがってはいけません。

また、もし友人に「どこで買ったの」と尋ねられれば、さらっと正直に答えましょう。うそをついてはだめです。うそを吐けば買った店など、また別のうそを吐かなければなりません。世界にひとつのTシャツです。末長く愛用しましょう。

チームワークを強化したいならオリジナルTシャツの作成サービスがあります。チームの絆を深めメッセージを込めることができます。

@ 2017 Loving Home . All Rights Reserved.