意外と知らない?リバブレーションチャンバーについて

admin / 2017年8月28日

リバブレーションチャンバーって何?

スマートフォンでメールの送受信を行うとき、無線を使っていることはご存知ですよね?無線での通信が正常に行われるようにするためには、専用の検査機器を使う必要があります。その検査機器がリバブレーションチャンバーなのです。スマートフォンなどに使われている無線機用テスターとリバブレーションチャンバーを一緒に利用することで、無線アンテナの性能をチェックすることができます。私たちが日頃スムーズにスマホで連絡ができるのは、リバブレーションチャンバーのおかげと言えるでしょう。

最近のリバブレーションチャンバーはどうなってるの?

リバブレーションチャンバーで無線アンテナの検査を行うときは、実反射環境という状態を作らなければいけませんでした。この実反射環境はかなり大掛かりな設備が必要でコストもかかっていましたが、最近ではリバブレーションチャンバーが小型化し、高性能になっています。そのため、以前は手が出せなかった中小企業もリバブレーションチャンバーを活用するようになってきました。需要が高まってきているので、今後も小型化の傾向は進んでいくでしょう。

どんなことが測定できるの?

リバブレーションチャンバーでどんなことが測定できるか気になりますよね?主に無線端末への総放射電力やスループット、さらに双方向受信感度などを検査することが可能です。これらの検査項目は、スマートフォンだけではなく様々な無線機器を開発するために必要不可欠なものなので、今後もリバブレーションチャンバーは活躍していくでしょう。

電磁波を試験的に発生させる機能を持つリバブレーションチャンバーは、スマホなどの開発テストに使われます。

@ 2017 Loving Home . All Rights Reserved.