普通自動車免許を取るなら制限なしのタイプとAT車限定免許、どちらがいいの?

admin / 2017年8月27日

AT車にしか乗らないなら限定免許で十分

普通自動車免許には二種類あります。一つはマニュアル車でもオートマチック車でも乗れる免許、もう一つはオートマチック車しか乗れない免許です。普通自動車免許を取得しようという場合、必ずどちらかを選ばないといけません。では、どちらがいいのでしょうか。

まず、近年、取得率が高まっているオートマ限定免許ですが、なぜこちらを選ぶ人が増えているのかというと、販売されている車自体、マニュアル車よりオートマ車が多くなっているからです。つまり、あえてマニュアル車を購入しない限り、ほとんど乗る機会がないのでオートマ限定免許で十分というわけです。

ちなみに、取得料金は制限なしの免許の費用よりも多少安いことが多く、そういった点で取得のメリットがあるといえるでしょう。

少しでもマニュアル車に乗る可能性があるなら限定なし

では、制限なしの普通自転車免許にはどのようなメリットがあるのでしょうか。やはり、マニュアル車でもオートマ車でも、両方、運転できるというのが大きなメリットです。マニュアル車というのは簡単にいうと、ドライバーが自分でクラッチ操作とギアチェンジを行う自動車のことを指しますが、古い自動車はこのタイプが多いです。なので、そういった自動車を運転する機会が少しでもありそうだという場合、取得しておいて損はありません。

マニュアル車の講習とは別に、オートマ車に乗る実技講習を追加で設けるという形になるので、その分、講習時間が多少長くなり、費用も割高になることが多いです。ただ、オートマ限定免許を取ったあとに限定解除の講習を受けるのであれば、最初から制限なしの免許を取っておいた方がいざというときに便利で安上がりといえます。

合宿免許とは、夏休みや春休みに免許合宿にいって車の運転免許を取ることです。普段の生活から離れるので、リフレッシュを兼ねることもできます。また、共同生活になるので、友達をつくることもできます。

@ 2017 Loving Home . All Rights Reserved.