アンテナ設置工事、どのアンテナにしますか?

admin / 2017年7月29日

アンテナの種類、どちらにする?

地デジを受信するには、アンテナが必要です。テレビ本体に受信能力はありません。はじめにアンテナの種類について紹介します。地デジアンテナの種類については大きく分けて2種類あります。1つ目は、八木式アンテナです。魚の骨組みのような形をしており、住宅の屋根の上に設置されているのを見た事がある人も多いと思います。本体価格も4,000円前後ですので安く購入できます。しかし、一般の人が屋根などに設置するのはとても難しく、取付角度なども考慮しなければいけませんので、専門の工事業者に依頼した方がいいでしょう。もう一つはデザインアンテナです。スタイリッシュで、見た目が良く、新築の住宅で見かける事が多くなりました。本体価格は、1万円前後で少し高めです。屋根上などの設置は向かず、壁に取り付けるのが一般的です。配線を通すための壁の貫通工事などが必要になりますので、取付は専門業者に任せた方がいいでしょう。

BS・CSアンテナと工事依頼時の注意点

地デジの他に、BS・CS放送用のアンテナがあります。アンテナの価格は5,000円前後です。現在は、BS・CS放送共用のアンテナがありますので、それ1つでどちらの放送も見る事が出来ます。受信料は別途かかりますので、事前によく調べて視聴しましょう。工事を業者に依頼する場合は、ある程度、実績のある業者に任せる事が必要です。費用の面もそうですが、屋根や壁などの設置は確実に固定しないと事故などにつながります。事前に見積りを取ると共に業者の施工能力も調べて依頼しましょう。

テレビを見るためにはアンテナ工事が必要になります。ただし、アンテナを建てなくないといった場合などは、インターネット経由でテレビ回線をつなぐ方法もあります。

@ 2017 Loving Home . All Rights Reserved.